音楽委員
[2003/04/06]

「これだけR&Bがスキなら、歌手を目指した事は無いんですか?」

うーん、まさかこうストレートに突っ込まれるとは思わなかったぞw 俺っちこういうストレートな質問には弱いんだよなぁ。答えはもちろん「ありません」だけど、もうちょっと説明があった方がいいかなと思って。以前に松尾潔氏のスカパー番組で、「高校時代は歌手を目指していたけど、Johnny Gillの激ウマに衝撃を受けて、自分は紹介する側に回ろうと思った」っていつになく真面目な顔で言っていたのが印象的だった。それを見ていて、@ああやっぱりそうなのかって思った。けど自分はもっともっと手前の話なんだよね。

うちの中学は市立ながら一応の伝統校で、秋に合唱祭があった。ちゃんと市の公会堂を借りて、1年から3年まで合計24クラスがクラス毎に合唱する、運動会と並ぶ秋の行事だった。だから夏休み後に、音楽委員を男女一名づつ決めることになってた。もちろん女子音楽委員がピアノ担当。 夏休みの課題に、「ある楽器で1曲練習してきて演奏する」なんてのもあって、しょうがなく俺っちは徳永英明の"壊れかけのRadio"を練習したなぁ。 で、この夏の宿題の演奏をみて、一番上手い娘が女子音楽委員になるシステム。

で、男子音楽委員は「一番歌が上手い」か、「指揮者に向いてる人」が担当する伝統があった訳です。ところが、うちのクラスの担任が音楽教師で、何を間違えたか俺っちを男子音楽委員に指名したんだよね。後期にクラス委員をやってて、クラスをまとめる手腕?をかったらしい・・・。
そのくせ、合唱においては

コーラス・カースト性
こうとしか言えない厳しい列順があった訳ですねw 歌が上手い人が3列の最上段で、下手な人は下の段に配置されるという、一目で上手さが分かる制度。これも伝統らしい・・・なんでも「自分で音が取れるなら最上段、音をハズす人は後ろから聞こえる声に合わせなさい」というれっきとした理由があるらしい・・・。
もちろんその列の中でも、一番上手い人が端のポジションと、成績順で席を決めるようなもんですね。で、もちろん男子音楽委員は指揮者か最上段の一番端が規定位置という暗黙の了解なのです。加えて、歌を練習中に誰かが音をハズしたもんなら、「ストップ」と厳しい声が入って、「今のところ一人ずつ歌って」と名指しで歌わされて、「あなたね。ハイ、場所交代」と厳しい指導方法だった。音楽教師が担任のクラスだからより一層気合入ってたぞw

うんでもって俺っちは、「また? しょうがないわねーーまあ、あなたは音楽委員だから、本当なら一番下段だけど、せめて中段でいいわよ」という温情を戴いて、中段だった訳ですね。ホントの音痴は自分の音痴さを分からないと言うが、まさしくその通りですw ということで、この時点でハッキリ痛感したなぁ。その時はまだR&Bにハマって無くて、ウイルソン・フィリップスとかポーラ・アブドゥルーとかのCD買ってた頃だから、そんなにショックでもなかった。あれはあれで明確に現実を示していたから、別にネガティブなことはこれっぽっちも思ってないよ。イイ先生だったしネ。

だから、たまに「この歌手、しばしば音ハズよね」とか言われるけど、まるっきり分かりません。家族で車で出かけて、俺っちが鼻歌してると「あんたホントに音痴だね」て容赦無くマザーは突っ込んでくるしなぁ。よく絶対音感というけど、激相対音感なんだろなぁ、と思う。限りなく音の高低にアバウト・・・ ただ、Johnny Gillが激ウマってのは分かる。けど、それもピッチというよりも、ニードルのように鮮明に点を打つからそう思うだけだしなぁ。Mary J.の声はいつも境界が不鮮明だけど、それを下手とまで分からない。

え、じゃあ楽器の方は?って? あのオタマジャクシ見てると頭が痛くなるんだよねぇ・・・ということで、他の方々のHPを拝見するに、いつも羨望するのはずっと変わってない。音のことはこれぽっちも分かってない。そろそろ楽器ぐらい練習したいけど、多分10年はかかるんだろうなぁ・・・と暗澹たる気持ちになるぞ。

ということで、説明になってるか分かりませんが、これが理由ですw


《Home》