96 Kenny Lattimore & Chante Moore
"Things That Lovers Do"
(2003年)
<A rank>
・Is It Still Good To You [S]
・With You I'm Born Again [S]
・Love Saw It [SM]
・Here We Go [S]

・Loveable [M]
・Close The Door [SM]
・Things The Lovers Do [S]

<B rank>
・You Don't Have to Cry [MS]
・You're All I Neet To Get By [S]
・When I Said I Do [S]

<C rank>
・Make It Last Forever [MU]
結婚式の2次会の引き出物はこのアルバムに決定!! 
それが駄目なら別れてやるゥとまでは流石に言えませんが、本作は新婚アツアツ満開なのにイヤラシサが無い。何よりもお互いがイイ影響を与えてネクストレベルに行ってるから。結婚の偉大さをここまで伝えたアルバムも無いんじゃないかな。

過去の名曲のカバーが大半のアルバムだから、曲のレベルは高い。1歩間違ったら「結婚式でカラオケ大会=新郎新婦オンステージ」ぐらいのノリになるのにネ。本作では大成功と言っていいんじゃないかな。

1:Things That Loves Doもアルバムの入口として文句無し。これくらいの滑り込む感覚の方がいいと思う。後に続く過去の名曲に花を持たせるようなJam&Lewisのプロデュースには脱帽です。Latelyにも書いたけど、3:With You I'm Born AgainはChanteのネクストレベル、4:Love Saw ItはKennyのネクストレベルとなってます。

どの曲を気に入るかはホント好みの話になると思う。A,Bランクの違いも点数調節ぐらいの意味しかないです。個人的には8:Close the Doorになんか惹かれる。他の曲より1歩引いているけど、寛ぎを感じる。タイトルの割にHさを感じない声の表情がこの先の二人の安定度数を見せてる気がする。

10:Is It Still Good To Youの出だしの2人の声もいい。AhhahhanというChanteの声は色気だけでなく微かな粗目があって、今までないレベル。KennyのUhhhも今までは無かった色気がある。Close the Doorと同じく寛ぎ感がある。普通なら意志が先行するフェーズの曲なのにね。なのに寛いでる。11:Make It Last Foreverはふたりオンステージの気がするぞw

アルバム前半はお互いのネクストレベルを見せていて、後半になると寛いだ空間になってる。確かに傑作アルバムです。結婚した友達へのプレゼントとしてもぴったりだと思うよ。

HOME